お祝い事の種類によって異なる、お祝い返しとして選ぶべきギフトの一般的なマナーとニーズについて。

ギフトの中でもお祝い返しは結構悩みます。
ギフトの中でもお祝い返しは結構悩みます。

お祝い返しとして選ぶギフトのマナー

結婚や就職、長寿などのお祝いをいただいた時に、お礼として贈るお祝い返し。お祝い事の種類によっては、贈るお祝い返しも異なります。
例えば長寿祝いの場合、お赤飯やお饅頭などが一般的とされています。
新築祝いなら新居に招くなど、お返しにもマナーがあるのです。

就職祝いにお祝い返しはしなくて良いとされていますが、やはりせめて電話や手紙などでお礼を述べておきたいところですね。

お祝い返しを贈る時期は、なるべく早くお礼状を出したりお礼の電話を掛けるのがマナーです。

でも一体何を贈れば良いのでしょうか。よくある高級なブランド食器や花柄のタオルなどを貰ったことがある人も多いはず。
でも何回か重なると、同じものが家にいくつもあったり、実は貰ってちょっと困るギフトだったりします。
一般的に喜ばれる品としては、洗剤や食料品・油などの消費するものが人気のようです。

私自身も出産祝いのお祝い返しをいただきましたが、お子さんが産まれた時と同じ重さのお米でした。
このようにユニークであり、お米という必需品を選択しているところに「流石だな」と思ったものです。

結婚や出産のお祝い返しなら、最近よく見かけるカタログギフトを贈るのも喜ばれます。
ただし、贈る相手を考えたラインナップのカタログを選ぶことが重要となるでしょう。お酒を一切飲まない方に、アルコール類が多数掲載されているカタログを贈ってしまっては、お祝い返しの意味を成さないですから。マナーをおさえつつも、相手の負担にならずに喜んでもらえるギフトを選ぶと良いでしょう。

Copyright (C)2017ギフトの中でもお祝い返しは結構悩みます。.All rights reserved.